ALL STRENGTH CLUB

『ストレングスファインダー』って何?

ストレングスファインダー®は、アメリカの世論調査会社GALLUP社(ギャラップ社)が開発した才能発見ツールです。
創設者 ドナルド・O・クリフトンが「人は自分の弱みを改善するよりも、自分の強みに意識を向けそれを活かすことで最大の能力を発揮する」という考え方に基づき開発し、Webサイト上で177個の質問に答えることで、自分の強みや才能を知ることができます。

ギャラップ社が約40年かけて200万人以上の調査を行い、人がもつ様々な能力をあらゆる角度から洗い出し、分類し、34種類の才能(資質)を絞込みました。
ストレングスファインダーでは、その34資質から自分自身に最も強く表れるTOP5を明らかにすることができます。
世界60カ国 1,700万以上が受講しています。この資質をうまく活用することで、自分の強みを発揮することができます。

診断結果のままでは、まだ「強み」ではありません。
テスト結果として出たTOP5の資質は、自分の志向・行動のパターンです。この資質を意識して活用することで、強みに変えていくことができます。
効果的生産的に使う方法を身に付けることで、自分らしく才能を活かすことができるようになり、仕事の生産性向上や人とのコミュニケーションを
円滑にすることができます。自分の人生をよりよくドライブしていくことができるのです。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版
ストレングス・ファインダー2.0』

•トム・ラス 著/古屋博子 訳
•日本経済新聞出版社 1,800円(税抜)
才能とは何か、強みとは何か、ストレングスファインダーはどのようなツールか、
各資質はどのような能力か、など基本的な知識を紹介。
(ストレングスファインダーのWebテスト用アクセスコード付)

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』は世界的ベストセラー

2017年春に新版の2.0が発売されました。
世界的ベストセラーで旧版と合わせると、アマゾンランキングで
過去10年間TOP10入りを果たし、国内では50万部を突破しています!

自分の強み、チームの強みを
発見するメリット

GALLUP社のストレングスファインダーは、
世界60カ国 1,800万人が受講しています。

  • 生産性を高め、結果を出し、働き方を変える

    自分の強みを理解して活用している人は、 QOL(人生の満足度)が高い人が3倍多いというデータがあります。
    また、仕事にやりがいを持って取り組む人は6倍も多いという調査結果があります。
    自分やチームの強みを活かすことは、人生の幸福度、仕事へのやりがい、生産力に大きく影響します。

  • 生産性を高め、結果を出し、働き方を変える

    チームメンバー同士の理解とチームワークが向上します。
    具体的には、チームの強みを発揮して生産性を高め、且つ、弱みの対策が講じやすくなります。
    強みを活かしたチームづくりを行うことで、毎日1人あたりの生産性が12.5%UPした、収益性が8.9%UPしたというデータがあります。
    ストレングスファインダーで出た資質は、自分と他者を理解する上での「共通言語」となります。
    生産性の低い批判やコミュニケーションロスを減らすこともできます。
    活躍する企業は、弱み克服から強みを伸ばす人材育成が行われているのです。

  • 生産性を高め、結果を出し、働き方を変える

    悩み多きマネージャーやリーダー。部署を統括し、人を育てることは簡単ではありません。
    また、今の若者世代は、かつての世代と比べ働く価値観が大きく変化しているという統計が出ています。
    従来の管理型マネジメントスタイルからの変化が求められています。
    そこに、1人1人の資質を理解するストレングスファインダーが役立ちます。

新潟と東京でストレングスファインダーを
活用した
セミナーを開催しています

私たちアドハウスパブリックでは、
GALLUP社が認定する「ストレングスコーチ」の有資格者が2名います。
ストレングスファインダーの知識と考え方、資質を活用した能力開発や
チームマネジメントへの活用方法をお伝えしています。

また、インナーブランディングとしての活用方法や
チームマネジメントへの導入方法へのご相談も承ります。

是非一度、ストレングスファインダーをご体感下さい。

このページのトップへ