ALL STRENGTH CLUB

私の資質TOP5【個別化】のエピソード│ストレングスファインダー・資質の活かし方 │ 資質証言(資質の特徴) 
いいね! 1

2018.03.12

藤田明子

個別化
人間関係構築力の資質群

[飲食業/40代]

店長として、うまく仕事ができない子がいました。やったとしても、数ヶ月で他のスタッフから不満の声が上がってしまう。ただし、2ヶ月目くらいまではすごく良い影響を与え、戦略性などの生かせる資質も持っていました。なのに、じっくりやるとスタッフから嫌われてしまう。そのミスマッチがとてももったいないなと思っていました。そこで、マネージャーとして店舗を回ってみたら?という話をし、やらせてみたら良い方向に向かいました。ピースをうまく当て込めて、本人もとてもやりがいを感じているので良かったです。

人のおもしろみを見つけるのが好きです。突出したところを見つけ、あだ名をつけたりするのが昔から好きでした。

人の特徴は、具体的な行動からというよりは感覚でわかります。これ得意だろうな、こっちの方がやっていて楽しいんだろうなっていうところは良くわかります。根拠は無いけれど、感じるんです。説明しにくいですが。

お客さんや目の前にいる人のニーズも、全部が全部わかるわけではないけれど、咀嚼するのは早いと思います。

大勢の前で話すのは嫌いではないですが、ちゃんと伝えたい時は少人数で話したいです。大事なことを一度に大勢に対して、だと不安に感じます。一方通行のやり取りが嫌なので、できる範囲で個別にやりたいと思っています。

  
  

ストレングスコーチ 若林より

「個別化」の方は、人の特徴や個性を発見することが得意です。その人なりの特有の考え方や行動、ユニークさに惹かれます。

他者と一緒にいると、自然と人となりを理解します。「この人はこういう力があるな」「この力を伸ばしていくと、成長していきそうだぞ」というポイントが見えてきます。
そのため、適材適所に人の配置を図ることが得意です。上記の方も、うまく部下の才能を見つけ出して、適した役割を与えることに成功しましたね。

「個別化」の人は、人に応じてアプローチ方法を変えたり、個別対応されたりすることを好みます。
逆に、大勢に対してのアプローチや画一的なやり方を押し付けられることが嫌いです。集団号令をかけられると「なんだか自分に言われている気にならないな~」と話を聞く気になりません。

「個別化」の能力を磨いていくと、対人コミュニケーションに活かすことができます。1対1のコミュニケーションが得意で、ニーズの聞き取りが上手です。また、聞き出した情報や相手のタイプに合わせ、カスタマイズしたアプローチを取ることができます。

人に関わる資質としては、活用の幅が広い能力です。個別化が注意資質の私としては、非常に羨ましい資質です!
 
  
  


  
若林 美由紀

ギャラップ社公認ストレングスコーチ
  


「ストレングスファインダーって何?」という方から、「さらに理解を深めて、使いこなしたい!」という方まで。 正しい活用方法を知り、自分や他者の資質を理解するとともに、マネジメントやコーチングに活かしていくための各種セミナーを開催中です。

詳しくはセミナー情報ページへ >> https://www.allbrandingworks.jp/seminar/

このページのトップへ