ALL STRENGTH CLUB

私の資質TOP5【回復志向】のエピソード│ストレングスファインダー・資質の活かし方 │ 資質証言(資質の特徴) 
いいね! 2

2018.03.12

藤田明子

[飲食業/30代]

何か問題が起きると、普通だったら嫌だと思いますが、自分はちょっと嬉しくなっちゃう(笑)それを挑戦として捉えてやる傾向があります。

(問題が)ないに越したことはない、それはよく分かっています。問題が起きないための行動はもちろん取っていますが、いざ起きたら起きたで、「じゃあやろうか。」と楽しんでいるようなところはあります。仕事で問題が起きた場合、自分が一番最初に動くしかないというのもありますが、やはり好き好んで行っているかもしれないです(笑)

問題を作り出している訳ではないですが、呼び寄せているというか、「また俺か…やっぱりそうなるよね…」みたいな時はあります。何かと頼りにされますが、やはり問題は無い方が良いと思っています。たまにしんどいなっていう時はあるので。

他の人から見たらそんなに問題じゃないところを問題視しているところもあるかもしれません。

  
  

ストレングスコーチ 若林より

「回復志向」の特徴をとても表している証言ですね!
こちらの話者の方もおっしゃっているように、「回復志向」はトラブルシューティングを楽しみます。

そもそもの原因は何なのか?を発見することが得意です。加えて、どのように解決すればよいか、創意工夫を施します。

日常生活では問題なくスムーズに進んでいることや十分に足りていることよりも、どこか改善の余地がありそうなことや、不足している部分に注目しやすい人です。

問題解決を喜々として取り組んでくれますし、簡単に投げ出さないため、非常に頼れる存在でもあります。

「回復志向」の着目点は「最上志向」と正反対と言ってもいいでしょう。
例えば、両者が部活動でバスケットボールチームの監督だったとしましょう。
「最上志向」は強みを伸ばして強いチームをつくろうとします。個人の得意技を磨いたり、選抜チームを作って特別メニューを行ったりするかもしれません。
一方「回復志向」は、チームの弱点を補強するメニューを組もうとします。弱い部分を補う方法やチーム力の底上げ、まだ力のないメンバーを一人前に育てるよう手をかけるなどするでしょう。

同じ人や状況にあっても、異なったアプローチをするのです。

「回復志向」の人はその解決能力を買われてトラブルを抱えた人が寄ってきます。人によっては忙しくなりすぎたり、いつも相談事が集まってきてしまったり・・・
「回復志向」は自分に厳しくなりがちで、自分をなかなか褒めようとしません。たまには自分を褒めたり、リラックスすることも必要です。

周りから見ると常に忙しそうに見えるでしょう。「困った、困った」と言っているときでも、意外と本人は楽しんでいることもあります。まずはあたたかい目で見守りましょう。  
  
  


  
若林 美由紀

ギャラップ社公認ストレングスコーチ
  


「ストレングスファインダーって何?」という方から、「さらに理解を深めて、使いこなしたい!」という方まで。 正しい活用方法を知り、自分や他者の資質を理解するとともに、マネジメントやコーチングに活かしていくための各種セミナーを開催中です。

詳しくはセミナー情報ページへ >> https://www.allbrandingworks.jp/seminar/

このページのトップへ