ALL STRENGTH CLUB

私の資質TOP5【自我】のエピソード│ストレングスファインダー・資質の活かし方 │ 資質証言(資質の特徴) 
いいね! 4

2017.11.24

藤田明子

自我
影響力の資質群

[クリエイティブディレクター/30代] 

自分は自我で動いている人間だと確信しています。自我の特性は、自分を認めて欲しいというもので、そのために頑張るところがあります。  

振り返ってみて、仕事で一番やりがいを感じるのは、人に感謝された時。「出会えてよかった、一緒に仕事していなかったら今の結果はない。」と言われた時に一番喜びを感じます。なので、そのためなら何でもできるんです。  

自分は、もともとは田舎のズボラなあんちゃん。素の自分だと何もできません。「この人のために大事なことをしてあげられる人になりたい」という思いが原動力になっています。

その反面、人がいなくなると何もしない(笑)。プライベートでも、例えば休みの日、奥さんが家にいたら料理したり家事をしたり、いろいろしてあげられます。でも、「3日くらい家を空ける」と言われると急に何もしなくなる。「誰にも認められないからこれで良いや~」という感じです。なので、自我のおかげで、人に見られている中で良い自分が保てていると思います。

    
  

ストレングスコーチ 若林より

今回は「自我」の方ですね。実はこの方、私の同僚でして、近くで仕事ぶりを見ていますので、「自我」の力を非常に感じています(笑)
では解説していきましょう。

まず「自我」についてですが、一言で言うと「パフォーマーの能力」です。一人の時には出せない力も、観客がいるといつも以上の力が出せる。応援してくれていると、困難なハードルも飛んでいける人です。

これだけ聞くと「目立ちたがりやの自分好き人間」と、誤解されてしまいそうですが、注目すべきは考えの源です。「自我」の方はただ目立ちたい、ただ注目を集めたいのではなく、“意義のあることをしたい、そのために努力して相応しい自分になりたい”という考えの持ち主です。

本物志向でもあり 、
・褒めるに値する人物になりたい(偽物であってはいけない)
・人や世の役に立つ結果を出したい
・自分が賞賛されるべきレベルにありたい
と考えて行動します。

今回の話者であるクリエイティブディレクターの方の場合では、自分が関わったデザインが世に出ていき、人目にふれたり話題になったり、売上などの数値として結果が返ってくるといった世の中や人に影響力を与えるわけですから、「自我」を満たすのにマッチしたお仕事と言えますね。会社でも、非常に力を発揮してくれます。とても捌ききれないような仕事量も困難な課題も、真摯に向き合い続ける姿勢は本当にすごいです!また、関係者を巻き込んでいく力もあり、どの仕事もしっかりと結果に導いてくれます。また、見えないところでもしっかり努力していて、会社にも勉強のための本が沢山置いてあります。まさに「自我」さんらしいですね!

このように、世の中に意義深いことをしたい努力家の「自我」さんですが、注意すべきは、自分の期待通りに周囲が喜んでくれない時や自分に注目してもらえないときに拗ねてしまいがちなところ。自分は「これは意義のあることだ!」と確信していても、必ずしも周りはそう思っていないことだってあります。拗ねずにいきましょう!周りに「自我」持ちの方がいたら、声がけや期待感を言葉にして伝えてあげることでその人の能力を生かすことができます。

ただ、闇雲に褒めちぎるのはNGです。“相応しい自分”になるために本物志向で物事に取り組んでいますので、偽物を嗅ぎ分けるのが上手な一面もあります。ただのおダテでは見抜かれてしまいます。本心からの声がけをしてあげて下さいね。   
  
  


  
若林 美由紀

ギャラップ社公認ストレングスコーチ
  


「ストレングスファインダーって何?」という方から、「さらに理解を深めて、使いこなしたい!」という方まで。 正しい活用方法を知り、自分や他者の資質を理解するとともに、マネジメントやコーチングに活かしていくための各種セミナーを開催中です。

詳しくはセミナー情報ページへ >> https://www.allbrandingworks.jp/seminar/

このページのトップへ