ALL STRENGTH CLUB

私の資質TOP5【分析思考】のエピソード│ストレングスファインダー・資質の活かし方 │ 資質証言(資質の特徴) 
いいね! 0

2018.10.02

藤田明子

分析思考
戦略的思考力の資質群

[映像制作業・経営者/30代]

新しい技術が好きで、仕事柄、カメラや編集用ソフトなど、そういうものが大好きです。また、プライベートでは車など、自分が好きなものに関してはとことん調べたくなります。これ!と思うと他のことを忘れるくらい没頭してしまうところがあります。

カメラやそれに付随する機材、新しい技術などの情報にはいつも目を光らせていて、これが自分たちの社業に生きるんじゃないか…ということを考えている時が一番楽しい時間です。
毎年幕張メッセで開かれる機材市は、一日ではとても周りきれない広大な会場に自分の好きな機材がいっぱいあって、でかいおもちゃ屋みたいな感じでたまりません(笑)。機材がたくさんあって、自分より知識の高い人たちがたくさんいて、1ブースで1時間くらい過ごしてしまいます。

機材の奥を探っていくのがすごく好きです。カメラ好きにもいろいろあって、見た目が好きという人や触って撮るのが好きという人もいますが、私は逆に撮るのはそんなに好きではなくて(笑)。カメラのことを色々と勉強して、それをスタッフに受け渡して使ってもらうのが私の満足ポイントです。

スペックあってこその機材だと思っています。普通の人はなんのこっちゃっていうところかもしれませんが、やっぱりメーカーが考えているところはスペックの部分なので、やはり中身が大事だと思います。

  

ストレングスコーチ 若林より

ストレングスコーチの若林です。

今回は「分析思考」ですね。
まずは「分析思考」の方の特徴を紹介していきます。

「分析思考」は物事の原因や事実を追求するため、客観的なデータや数字を頼りに、物事を考えます。

「正しくありたい」
「状況をちゃんと理解したい」
「本質的に考えたい」タイプなので、
曖昧な状況、間違っている可能性がある状況、感情的過ぎる話を好みません。

考える論点や拠り所にするのは、数字やデータ、事実です。

データの中からパターンを見つけ出すことに長けています。発見したパターンや傾向が、互いにどのように影響するのか、 結果にどのように結びつくのかを導き出すことが得意です。

他者の話についても同様です。相手が言っている内容は正しいのか?示されたデータは正しいの?としっかりと考え、矛盾があれば指摘します。いい意味で感情に流されにくく、論理的な思考力の持ち主です。

話者の方のお話を見てみましょう。
この方は機材や技術、スペックに興味がある方のようですね。これらも、数値やデータに置き換えられるので、「分析思考」としては好物なのでしょうね。

「分析思考」の方の買い物傾向として、よく挙げられるのは、購入を考えているもののスペックを洗い出して、比較するということがあります。例えば、車を買うにしても、AメーカーのものとBメーカーのもので、燃費はA社のほうがよいけれど、B社のほうが長期的に使うには長持ちするな…といったように、スペックやデータを比較します。

中には、「エクセルで比較表をつくって、それを基に買い物に行きます」とおっしゃった方もいらっしゃいましたね。このように、データなどを用いて判断をする傾向があります。この時間が楽しく、逆にこの比較が甘かった時にはとても悔しく感じるそうですよ。

大きな買い物を直感で買わず、しっかり比較検討してから買い物をする人が周りにいたら、その方は「分析思考」を高めに持っている人かもしれませんね!

  
  


  
若林 美由紀

ギャラップ社公認ストレングスコーチ
  


「ストレングスファインダーって何?」という方から、「さらに理解を深めて、使いこなしたい!」という方まで。 正しい活用方法を知り、自分や他者の資質を理解するとともに、マネジメントやコーチングに活かしていくための各種セミナーを開催中です。

詳しくはセミナー情報ページへ >> https://www.allbrandingworks.jp/seminar/

このページのトップへ