ALL STRENGTH CLUB

私の資質TOP5【未来志向】のエピソード│ストレングスファインダー・資質の活かし方 │ 資質証言(資質の特徴) 
いいね! 1

2017.09.07

藤田明子

[人材コンサルタント/30代]
  

何か特定の時というよりは、人生の中でいつも未来志向だなと感じています。

あまり器用なタイプではないので、何か変化のある時、例えば転職や新しく何かを始めたとか、そういう時に最初からうまくいくことはほとんど無くて、必ずつまずくんですね。転職しても最初は成果が上がらなかったり、部活でもなかなか芽が出なかったり。

でもそんな時に落ち込むのではなく、今のことを地道に続けていたり、ここを乗り越えれば未来は絶対明るいぞっていう自信は小さいときからずっとありました。今でもそれは変わらないので、厳しい時こそ未来を見て頑張る力は常に備わっているかなと思います。

そういう傾向があるので、例えば仕事で関わる人がなかなか希望を見い出せない時でも、未来は夢と希望が詰まっていると思うので、お話しを聞いて一緒にその世界を見て、自分だけでなく相手も引き上げて行けたらなと思っています。

  
  

ストレングスコーチ 若林より

未来志向は、未来から物事を考えます。

「将来どうあるべきか」「このゴールはこういう状況だ」と、将来を具体的に予測、想像します。

人ぞれぞれ見ているスパンは異なっていて、目の前のこと「今参加している会議のゴールは何か?」を考えている人もいれば、10年、20年先を思い描いているなど様々です。私のストレングスコーチ同期には、「1000年先の未来を見ているよ」という方もいました!

想像は明るく、 未来をポジティブにとらえています。そしてそれを語ることで、周りにも影響をあたえることができます。この方も、仕事で関わる人にその未来像を語り、勇気づけていますね。

仕事のシーンで言えば、 ・グループミーティングなどでのアイデア出し ・同僚やクライアントにモチベーションを与える ・今の苦労や問題を大目にみて将来に向かって努力できる などです。

ただ、気をつけなければ、夢見がちな夢想家だと思われてしまいます。実行計画づくりにまで落とし込むようにするなどアイデアを出し続けるばかりでなくアクションに移すことも大切だと認識しておきましょう。   
  
  


  
若林 美由紀

ギャラップ社公認ストレングスコーチ
  


「ストレングスファインダーって何?」という方から、「さらに理解を深めて、使いこなしたい!」という方まで。 正しい活用方法を知り、自分や他者の資質を理解するとともに、マネジメントやコーチングに活かしていくための各種セミナーを開催中です。

詳しくはセミナー情報ページへ >> https://www.allbrandingworks.jp/seminar/

このページのトップへ